雇用に関する幅広い分野を取り上げていきます。参考にしてくださいね(^_-)-☆

資格の重要さ

定年後の高齢者が再び仕事に就くために、重要なポイントとなってくるのが資格です。
求人情報の応募条件には、年齢や経験、資格があります。
しかし、年齢は偽る事ができませんし、定年を前に実務経験を増やす事も難しいと思います。
そこで注目すべきは資格の取得です。
高齢者の再就職活動を円滑に進めていくためにも、資格の取得はお勧めです。

資格には、「国家資格」「公的資格」「民間資格」の三種類があります。
国家資格とは、個人の能力や知識、技能が一定水準に達しているかどうかを、国が法律に基づいて試験によって判断します。
代表的な国家資格に、弁護士、税理士、公認会計士、ファイナンシャルプランナー、司法書士、行政書士、宅地建物取引主任者、中小企業診断士、社会保険労務士、システムアドミニストレーターなどが挙げられます。

公的資格とは、国家資格に順ずる資格です。
財団法人や社団法人、日本商工会議所が試験によって認定します。
代表的な公的資格に、ワープロ検定、秘書技能検定、簿記検定、ホームヘルパー、カラーコーディネーター検定、販売士検定、福祉関連資格などが挙げられます。

民間資格とは、民間の企業や団体が任意に与えている資格です。
それぞれの業界の発展と向上を目的としています。
代表的な民間資格に、TOEIC、TOEFL、中国語検定、CG検定、MOUS検定、インテリアコーディネーターなどが挙げられます。

資格を取得する事は再就職において有利にはなりますが、資格を持っていればいいだけではありません。
資格を持っていても経験がないのでは評価を得る事はできません。
これまでの自分が見につけてきたスキルに関連し、今後の仕事に生かせるような資格を取得する事が大切です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト