雇用に関する幅広い分野を取り上げていきます。参考にしてくださいね(^_-)-☆

ホテルの職種と業務内容1

ホテルでの仕事は、いつもきちんとした服装で接客もしっかり教育されているので見た目に憧れる人も少なくありません。
映画やTVでも有名な俳優が演じる事によってその想像は更にふくらみますね。
ホテルとひと言で言っても、規模やホテル毎に組織や方針が異なりますので様々ですが、ホテルにおける職種と業務の内容について勉強しましょう。

■宿泊担当部門

1)総支配人
ホテルにおける現場全ての総括責任者。

2)宿泊支配人
宿泊部門における総括責任者。

3)フロントオフィスマネージャー
外部からの苦情受付や、宿泊の予約、裏方のオフィス管理までする責任者。

4)コンシェルジュ
個々のお客様の希望や苦情に応対するゲストサービスの責任者

5)アシスタントマネージャー
一般的なホテルにはほぼ必ず設けてある日勤の職種。
コンシェルジュとほぼ同様の仕事内容であるが、宿泊支配人のサポートなど業務範囲は幅広いと言われている。

6)ナイトマネージャー
ネーミングの通り、主要幹部が帰宅した後、翌朝までのホテルにおける総責任者となる。

7)フロントオフィス
フロントの後ろにある為、バックオフィス(裏方)とも呼ばれている宿泊予約と当日客の管理などを行う部署。

8)電話交換手
ホテルにおける電話応対を全て担当する部署。

9)宿泊予約係
一般的にホテルの宿泊予約は1年先まで管理されている。
近年主流となっているインターネット予約もこの部署の管轄が多い。

10)ドアマン
誰でも見た事があると思いますが、ホテルの入口でお客様をお迎え、お見送りする係。

11)ベル
ひと言で言えばお客様の部屋までの案内係。

12)フロントマン
カウンターで接客を行う言わば「ホテルの顔」である。
会計管理やインフォメーション管理を行う。

その他、客室整備、清掃などを行う「ハウスキーピング」や「客室清掃係」などがある。

« 看護師も派遣で働く時代に ホテルの職種と業務内容1 カフェ »

モッピー!お金がたまるポイントサイト